当社では、「仕事を通して社会貢献」を企業理念として障がい者の雇用を進めております。
雇用された障がい者が、仕事を通して社会貢献できるようになるまでの流れは以下です。

1. アセスメント(障がい者の能力を見極める)

雇用後、まず最初に行うのは当社スタッフによるアセスメントです。このアセスメントは障がい者の仕事への取り組み方や普段の会話の中から、本人の才能や特技を見つけていきます。

2. 才能や特技に合った仕事を実施してもらう

アセスメントにより明確になった才能や特技に合わせて、実際のクライアントから仕事を受注します。その完成度を確認します。

3. 完成度に応じて、仕事のレベルをアップする

仕事の完成度によって、クライアントからの仕事レベルを調整します。完成度が高い場合は、プロフェッショナルな仕事の受注に向けてクライアントと打合せを進めます。

求人情報:DTP制作・デザイン・WEBサイト制作

WEBサイト制作や、DTP制作、バナー、イラスト制作を担当して頂ける方を募集しております。 お気軽にご連絡下さい。 イラストレータ求人募集…

一般求人情報更新

秘書業務の求人を更新しました。 詳細はこちら

東京本社で「秘書業務」応募者を急募致します。

東京本社(東京都港区港南1-9-36)で、秘書業務を担当頂ける方を急募致します。 ご応募お待ちしております。 応募フォーム…

障害者の才能や特技が活かせる仕事「切り抜きこころと倶楽部」のサービス開始

株式会社こころと(本社:東京都荒川区、代表取締役:大島三星)は、会社理念である「障がい者の才能や特技を仕事に活かす」を実現するため、画像の切り抜きサービス「切り抜きこころと倶楽部」のサービスを、2…

新規開業 こころと日立助川町 事業所説明会(2月16日)

弊社では大みか、日立に続き、3事業所目となる「こころと日立助川町」を開設し、2月1日から営業を開始する運びとなりました。「こころと日立助川町」は、弊社企業理念である「障がい者が仕事を通して社会貢献…